歯周病治療



歯周病とはどんな病気?

国内2,000の歯科医院を対象とした歯を失う原因に関する調査では、歯を失った原因の第1位が歯周病で42%、次いでむし歯が32%となっていました。

しかし、歯周病はむし歯と同じで、早いうちに治療するほど負担が軽く、大切な歯肉や骨の減り、歯の脱落の予防もできます。
歯周病は、自分で自覚していないだけで、40歳以上の成人のうち、5人に4人以上の人が歯周病にかかっているといわれています。

「自覚症状がないから自分は歯周病ではない」と思わずに、定期検診で歯周病を早期発見することが大切になります。

歯周病はどうして起こるの?

歯周組織は、歯肉(歯茎)と歯槽骨(歯を支える骨組織)、歯根(歯の根元)をおおうセメント質、歯根と歯槽骨を繋ぐ歯根膜からなり、歯を正しい位置にしっかりと付着・固定するための強固な構造を備えています。
しかし歯磨きが不十分で、歯と歯肉の間に細菌が住み着いて歯垢(プラーク)が溜まると、そこに炎症が引き起こされます。これが歯周病の始まりです。

歯周病が妊婦に与える影響

炎症性の物質や細菌が口腔内の血管から体内に入り炎症を起こすことで、死産・早産・流産など、妊婦の体に大きな影響を与える場合があります。

歯周病は全身の疾患にも大きく関わります

歯周病は歯だけでなく、全身の疾患にも影響を及ぼします。
血管の中に菌が入ると動脈にプラークを作るため、心疾患や脳卒中、動脈硬化を引き起こす原因にもなります。

歯周病はただの口腔内だけの病気だと思わずに、全身に多大な影響を及ぼすため、自分自身の健康のために、歯周病治療を行うことは特に大切になります。

歯周病と糖尿病の負の構造

歯周病になると、炎症性の物質が脂肪細胞に働きかけるため、インシュリンに対しての抵抗性(血液から糖を取り込めなくなる状態)ができます。
糖を取り込めなくなると、そのまま血液中に流れ続けるため高血糖になります。

逆に糖尿病の方は、高血糖状態が続くと全身の抵抗力が落ちるため、細胞の機能が正常に働かず細菌が発生しやすくなり、歯周病が悪化してしまいます。

そのため、糖尿病の方は、歯周病の治療も同時進行で行う必要があります。

歯周病が進行すると

歯周病の初期は自覚症状がなく、自分で見ても気が付くことはありませんが、徐々に歯肉が赤くなったり腫れたりします。
プラークが石灰化し歯石になると、自分では取り除きにくくなって歯周病が悪化し、歯と歯肉が付着している部分に隙間(歯周ポケット)ができます。

さらに炎症が歯肉の内部に進行すると、歯根膜や歯槽骨が破壊され、歯を固定する力がだんだん弱くなります。この状態でこのまま放っておくと、ついには歯を失うことになります。

健康な歯肉

特徴
歯茎が引き締まっており、色はきれいなピンク色で、弾力もあります。

矢印

 歯肉炎 

特徴
歯茎が腫れ、歯を磨いたときに血が出るなどの症状が現れます。

矢印

 歯周炎 

特徴
歯茎が腫れて赤くなり、歯磨きをすると出血します。また、歯茎が腫れたことで、歯と歯茎の間に歯垢が溜まりやすくなります。

矢印

 歯を支える骨が溶け、歯が抜け落ちる 

特徴
歯茎がさらに腫れて、赤紫色になってしまいます。歯茎の中に膿が溜まる、骨が溶け出すなど、重大な症状が現れます。

歯周病を放置しておくと

歯周病は歯を支える歯周組織を破壊しながら進行します。
歯周病を放置することで、

・出血
・歯肉の腫脹
・歯の動揺
・自然脱落
・歯として機能しなくなる
という危険性があります。

歯を失うことで唾液の出が悪くなり、食べ物を噛み砕き飲み込む機能が低下することもあるため、咀嚼困難に陥る可能性もあります。

玉木歯科医院の歯周病治療の特徴

口腔内を長期的に維持安定するために、歯周病専門医・指導医による正しい治療を行っています。比較的かるい歯周病であれば、歯や歯の周りを清潔に保つ治療を続けることで治すことができます。

当院では、歯周ポケットや歯の動揺度の検査以外にも、噛み合わせやCTなど多方面から検査をし、正確な診断と治療計画の立案を行います。

もし、炎症が歯肉の奥まで進行し、歯周組織の破壊がひどい場合には、歯周組織を回復させるための手術が必要になります。
歯槽骨を再生する再生療法や、歯根内の環境を整えた上で被せ物を行う前処置など、患者様の状態に合った対応をしています。

歯周病指導医が在籍する歯科医院

当院の院長は、知識・技術・豊富な経験をもつ歯周病指導医です。
歯を残すことを一番に考えながら、歯を健康にかつ審美的にも最善の状態に維持するために日々診療にあたっています。

歯周病指導医とは
歯周病認定医の上位にある歯周病指導医は、歯周病認定医や指導医を育てる立場にあり、より厳しい上位の歯科治療技術や学術的要求をクリアして初めて取得できる資格です。

また、歯周病認定12,000人中、指導医の資格を取得しているのはわずか300人程度で、歯周病指導医は、専門医の資格を維持するために、新しい技術や知識を生涯研鑽しなければなりません。

歯周病治療に対してはエキスパートですので、歯周病が気になる場合にはぜひご相談ください。

 
 

歯周病外科手術

歯周組織の状態を調べるために、まず歯周ポケットの深さを測ったり、レントゲンを撮ったり、その他治療に必要な検査を行います。

歯周組織を回復するための外科手術
歯肉を切開し、剥離を行ったのち、歯根表面の清掃を行います。その後エムドゲイン(歯周組織再生用材料)を塗布し、切開した部分を縫合して終了です。

歯肉を切開し、剥離を行ったのち、歯根表面の清掃を行います。その後エムドゲイン(歯周組織再生用材料)を塗布し、切開した部分を縫合して終了です。
機能的な歯周組織を取り戻すまでには、数ヶ月から1年程度かかります。歯周組織が生成する期間、及び程度は個人差があり、歯周病の進行度合いによっても異なりますので、医師の指示に従い、必ず定期検診を受ける必要があります。



ゴールを見据えた適切な治療

将来的に長期安定・維持できるような口腔内を作ることを目標に治療を行っています。
1歯のみではなく口腔内全体を診ながら、治療を進め、明確にゴールを設定した上で適切な治療をいたします。

難しい症例に関しては、専門機関と連携をとりながら、十分な審査を行った上、必要であれば外科治療を行う場合もあります。

藤沢市で歯医者をお探しなら玉木歯科医院へ。

0466-29-5007 受付時間 10:00~13:00 / 14:30~19:00 ※土曜17:00迄 休診日 木曜・日曜・祝日

inq_tel_sp.png

受付時間 10:00~13:00 / 14:30~19:00
※土曜17:00迄
休 診 日 木曜・日曜・祝日

藤沢駅より徒歩3分。歯周病治療から審美歯科、インプラントまで
最低限の治療回数で最高の治療を提供します。