インプラント

藤沢市でインプラント治療は玉木歯科医院へ

天然歯の様に美しく、丈夫な歯を提供します。メンテナンスも充実しており、差し歯やブリッジよりもお手入れ簡単。
医療費控除も適用されるのでまずはお気軽にお問い合わせ下さい。

インプラントとは

インプラントとは、ご自分の歯を失ってしまった場合の治療法の一つです。
顎の骨に人工歯根を埋め込み、その上に上部構造を取り付けることによって、歯の機能を回復させる治療です。
チタンと顎の骨がしっかりと結合するので、本物の歯と変わらないぐらい思いきり噛むことができます。
歯を失ってしまうと、噛むことや発音に問題が生じます。
食事や会話がうまくできなくなることでストレスを感じると同時に、健康にも悪影響を与えかねません。
当院ではそれぞれの患者様にもっとも適した治療法をご提案しています。
歯を失って不自由を感じている方はどうぞお気軽にご相談ください。

「周りの健康な歯に負担をかけない」というメリット

インプラントをおすすめする理由は、周囲の歯に負担をかけないということ。
従来の入れ歯やブリッジといった方法では、どうしても周囲の歯を削ったりする必要があったため、せっかくの健康な歯を傷め、寿命を縮めてしまうことにつながっていました。
インプラントは、顎の骨で支える独立タイプの治療なので、周囲の歯に負荷をかけることがありません。
お口全体の健康を考えたとき、インプラントはとても有効な方法なのです。

インプラント治療の流れ

ステップ1 診査診断 カウンセリング

失われた歯の数や骨の硬さ、大きさ、位置により治療法には様々な選択肢があります。
お口の中を実際に診るのはもちろん、レントゲンやCTを用いて多側面から治療方針を決めていきます。

ステップ2 一次手術

歯肉を切開して顎の骨を削り、インプラントを埋め込みます。
骨を削るというと怖いイメージですが、麻酔を使用しますのでほとんど痛みを感じることはありません。

ステップ3 治癒期間

一次手術の後、通常は約3から6ヶ月の治癒期間をおきます。
インプラントに使用されているチタンは、骨とインプラントが結合する性質を持っています。
この期間では、仮の歯を使用できることもあります。

ステップ4 二次手術

骨とインプラントが結合して安定した後にインプラント体の頭の部分を露出し、そこに人工の歯との連結部分(アバットメント)を装着する処置を二次手術といいます。
この状態で歯肉が治るまで、通常約1週間から6週間おきます。

ステップ5 人工の歯(上部構造)の型取り・装着

歯肉が治った時点で型を取り、上部構造(人工の歯)を作ります。
色や形は人それぞれ違いますので、各々に合わせて製作してインプラントに取り付けます。
この上部構造は、様々な素材のものがありますので、ご相談していきます。

ステップ6 メインテナンス

ケアさえしっかりと行えば長期的に使い続けることができますが、おろそかになってしまうと、インプラント周囲炎を発症し、せっかく入れたインプラントを失ってしまうこともあります。
インプラントを長持ちさせるためにも、ご自宅でのケアに加えて、歯科医院での定期的なメインテナンスを心がけてください。

骨の再生療法

インプラント治療を行うには充分な顎の骨があることが重要です。
そのため、顎の骨が足りない患者様には、まず骨を増やす手術「再生療法」が必要になります。
当院が実施している再生療法をご紹介します。

サイナスリフト

歯肉をめくり、「上顎洞」と呼ばれる空洞に骨補填剤を注入し、歯肉を縫合します。
およそ半年間待ち、骨が造成できたところでインプラント埋入に取りかかります。

ソケットリフト

ソケットリフトは、奥歯にインプラントを行う際に、上顎部分の骨が痩せて薄くなっていた場合に行う治療法になります。

骨が薄いとインプラントが固定されないため、骨を増やすことで安全性を高めます。

GBR

「メンブレン」という人工膜を使い、骨をつくるスペースを確保しつつ、顎の骨の再生を促す方法です。

ZIMMERインプラント

アメリカのカルシテック社が世界で初めて開発、製造している、チタンの表面をハイドロキシアパタイト(HA)で薄くコーティングしたインプラント。

3D CT

人工歯根を埋め込むには、正しい位置と角度を知り、正確な診断をする必要があります。歯科用のCTを使って検査することで、より精度の高い治療を行うことができます。
当院では、アサヒレントゲン工業株式会社のAUGE SOLIOを使用しています。
従来の歯科用CTに比べ、一回の撮影で広範囲の診断が可能です。
また、スピーディーな位置づけが可能となっており患者様の負担が少なく撮影できます。
これまでは2次元の平面的な画像での診断が一般的でしたが、3DCTにより3次元画像を得られることで、あらゆる角度からの診断が可能になりました。

インプラント治療前の診断に

安全にかつ正確に手術をするためには、神経の位置、顎の骨の形態、骨質、対合歯関係を立体的に把握する必要があります。

歯周病による骨吸収の診断に

歯周病による顎の骨の吸収は非常に複雑で個人差が大きく、あらゆる角度からの診断を要します。

矯正治療の診断に

顎と顔面と歯牙の関係を分析し、予知性の高い咬合育成を行えます。

より安全で信頼性の高いSimPlant(シンプラント)

 
 

シミュレーション、サージカルガイド

SimPlantと呼ばれるシステムを使用することで、インプラント手術をどのように行うのかをシミュレーションすることができます。そして、サージカルガイドを作ることで、シミュレーション通りに実際の処置も行うことが可能になります。

シンプラント使用による手術までの流れ

シンプラント流れ1

まずは患者様の骨の状況と神経の位置などを把握するために、CTを撮影を行います。

手術の精度を上げるために、様々な方向から撮影をさせていただきます。

シンプラント流れ2

撮影したCTデータを基に、神経や歯根の位置を確認します。
また、立体画像を作成して検討したり、骨の硬さなどを調べます。

シンプラント流れ3

SimPlantのデータに基づき患者様に治療の流れをシミュレーションします。
使用するインプラントの選択や、埋入の位置や角度など、精密な手術計画を立てます。
インプラント治療では、このように治療前に、必要な情報を収集し、綿密な治療計画を立てることが重要です。

シンプラント流れ4

シミュレーションした計画通りに手術を実行するための手術用ドリルガイド(サージガイド)が作製されます。

ビエゾサージェリー

ビエゾサージェリーでは、骨を切削する際に神経や血管、歯 肉などの軟組織にダメージを与えずに、骨だけを正確に切ることができます。
インプラント治療を安全に行うために欠かせない装置です。

メリット

• 振動と騒音が少ない
• 神経、血管、粘膜などの軟組織を傷つけない
• キャビテーション現象の為に出血が少ない
• 痛みが少なく、治癒も早い
• 繊細に切削できるため骨へのダメージが少ない

インプラントのメインテナンス

「インプラントの状態に異常はないか」「正しい噛み合わせを維持できているか」「インプラント周囲の歯肉に異常はないか」といったチェックを行います。
万が一インプラント周囲炎の症状が見られたら、早期に治療します。
また、天然歯と同様に、専門器具を用いて徹底的にクリーニングを行うことで、清潔な状態を保ち、インプラント周囲炎を予防します。

インプラント周囲炎

インプラント周囲炎とは、歯垢に潜む細菌が毒素を出し、インプラント周囲の歯周組織を破壊していく病気です。
まず歯肉に炎症が起き、徐々にインプラントを支える顎の骨が溶かされてしまい、治療せずに放っておくと最終的にはインプラントが抜け落ちてしまいます。
インプラントを維持している歯周組織は天然歯の場合と比べて細菌に感染しやすいこと、神経がないため異常に気づきにくいことなどから、天然歯の歯周病以上に気をつけなければならない病気だと考えられています。

歯周病・虫歯の一番の予防策は歯と歯周組織に歯垢(プラーク)・歯石をためないようにすることです。
定期検診でお口をすみずみまでチェックしながら、セルフケアとプロフェッショナルケアで歯垢(プラーク)・歯石を除去し、効果的かつ継続的に歯周病・虫歯のリスクを抑えます。

クリニックBLOG 審美歯科専門サイト クレジットカード対応
お問い合わせ 電話番号:0466-29-5007