クリニックブログ

2016.12.16更新

12/28午後から1/3まで休診とさせて頂きます。(12/28は13時までの診療となります。)新年は1/4からの診療となります。(1/5も診療します)

投稿者: 玉木歯科医院

2016.12.10更新

関節リウマチとは、免疫異常により関節に腫れや痛みをともなう炎症が起こる病気です。関節リウマチの患者さんは、より歯周病にかかりやすく、特に口腔内を不衛生にしている患者さんは歯周病が重症化します。
 また現在、歯周病と関節リウマチには、双方向性の関係があり、関節リウマチがあると歯周病が進行し、逆に歯周病があると関節リウマチが進行すると示されています。関節リウマチがあると歯周病が進行する理由としては、手指関節の障害による不十分な歯磨き、リウマチ薬により感染しやすくなると考えられています。また、P.g菌(歯周病菌)のもつ酵素により、リウマチに関連する自己抗体が増えるためと推定されています。
 歯周病や関節リウマチを併発している人は、両疾患の関係を理解し、リスク因子をできる限り排除していくことが重要です。一人ひとりの手指関節の症状に合わせたホームケアの指導や歯周病治療を受け、清潔な口腔を保ちましょう。

投稿者: 玉木歯科医院

クリニックBLOG 審美歯科専門サイト クレジットカード対応
お問い合わせ 電話番号:0466-29-5007