クリニックブログ

2016.09.06更新

口の中にはたくさんの細菌や真菌がすみついています。これらが集団を作ってぬるぬるした層となったものがバイオフィルム(細菌叢)です。バイオフィルムとは口の中だけでなく、いろいろなところに見られます。例えば、お風呂場の浴槽や台所のシンクにつくぬるぬるとした物体は、口の中とは別の細菌が集まったバイオフィルムなのです。
 バイオフィルムは歯垢(プラーク)として歯の表面などに固着しているため、簡単には除去できません。さらに、体の免疫系に対しても強力なバリアがあり、なかなか排除できません。また、抗菌剤なども侵入できないのです。バイオフィルム内では病原性を高め、体に影響のある毒素を出して炎症を起こします。
 歯垢(プラーク)の中には500種類以上の細菌が存在し、バイオフィルム状になって歯周ポケットなどにしっかりと張り付いています。歯周病を治療するためには、歯科医院での専門的なケアでバイオフィルムごと破壊して除去する必要があります。

投稿者: 玉木歯科医院

クリニックBLOG 審美歯科専門サイト クレジットカード対応
お問い合わせ 電話番号:0466-29-5007